作業員

瓦礫選別ができるスクリーン機器|迅速に分別するハイテクマシーン

どんな廃棄物も回収する

男性

廃棄物処理を行なう工場では、取り扱いが難しい廃棄物の回収を行なってくれます。建物の解体作業を行なう会社であれば、昔の建物に使用されていたアスベストの処理に悩むものです。アスベストは繊維上の小さく細かな構造をしているため、ちょっとしたことで簡単に空気中へ飛散してしまいます。解体作業を行なっている作業員や、建物周辺の住人にまで健康被害を与えることとなるため、アスベストを無闇に取り扱うことは避ける必要があります。廃棄物処理を行なう工場では、アスベストの取り扱い資格を持つ作業員も在籍しています。解体時に出てきたアスベストを安全に回収し、工場で無害な状態に処理してくれます。建物の解体を依頼された場合、倒壊の危険がある古い建物の解体を依頼されることがあります。築年数が古い建物ですと、アスベストが使われている可能性も高いので、見つけた場合はアスベストの回収を行なう廃棄物処理工場へ依頼しましょう。

回収の難しい廃棄物といえば、工場で排出される排水も挙げられるでしょう。多くの工場では、毎日大量に排出される排水を、浄化槽などで水と有害な物質に分けて処理します。分離した綺麗な水はそのまま河川などに流すことができますが、残った排水中の重金属や有害な油は、廃棄物処理の工場で処理をしてもらわなければなりません。分離した汚染物質は、多く溜めているとヘドロなどが底にできてしまうため、回収作業が非常に困難となります。廃棄物処理を行なう工場では、このような汚染物質の回収を迅速に行なってくれます。専用の吸引車でヘドロごと回収してくれるので、手間も掛からず処理してもらえます。浄化槽の清掃まで行なう工場もあるため、回収作業とともに定期的に依頼するとよいでしょう。