作業員

瓦礫選別ができるスクリーン機器|迅速に分別するハイテクマシーン

さまざまな選別機器

メンズ

産廃選別を行なう機器には、手選別コンベヤーや磁選機などの機器もあります。瓦礫選別を行なう振動ふるい機とは違い、手選別コンベヤーは作業員が手で選別を行なうための機器となります。解体作業を行ないながら産廃選別まで行なうのは、時間や手間も掛かるのでは、と多くの人は考えるでしょう。しかし、手選別コンベヤーは、作業員が自分の目で産廃選別を行なうことができるので、機械ではうまく選別ができない産廃も確実に選り分けられます。建物の解体作業を行なった場合、中に家具などが残されていた場合が考えられます。家具などは産業廃棄物のカテゴリには入らないので、そのまま廃棄物処理工場へ持って行った場合、法的に罰せられる恐れがあるため問題となります。手選別コンベヤーによって産廃選別を行なえば、建物と一緒に破砕してしまった家具をしっかりと取り除けるため、問題なく廃棄物処理工場へ処理を依頼することができるでしょう。

手選別コンベヤーのほかにも、産廃選別を行なうための機器として、磁選機が挙げられます。磁力によって金属を選り分けることができるので、使用することでスイングスクリーンを使用する前に金属片だけを綺麗に取り除くことができるでしょう。モルタルや木材とは違い、鉄などの金属は加工がしやすいため、産業廃棄物処理工場へ持っていかずとも処分することができます。磁選機によって分けた金属は、金属スクラップの買取を行なう会社へ処分してもらうことができます。処分費用を支払わず、逆に買取によって利益が得られるので、磁選機を利用することで処理のコストを大きく下げられるのです。